ドキュメント一覧 | 使用方法一覧

Boomerang 使用方法 #9: W3C Navigation Timing API からパフォーマンスデータを回収する

注意:この Navigation Timing プラグインはまだテストされていません。テストに協力してくれる方を歓迎します。

W3C Navigation Timing API はページの読み込みのパフォーマンスデータを広く深く提供するモダンブラウザーに実装されているインターフェースです。これを書いている時点では次のブラウザーがサポートしています:

navtiming.js プラグインは設定のオプションを必要とせず、ブラウザー(がサポートしていれば)の値からデータをシンプルに取得し、それらをビーコンのクエリーに追加します。

でフォルトのプラグインではないため、あなた自身で boomerang.js をビルドする必要があります。これを行うには、次のオプションを指定して boomerang のディレクトリーで make を実行してください:

make PLUGINS=navtiming.js

そうすると新しい boomerang のファイル(好きな JavaScript 圧縮ツールに通すことを忘れないでください)をあなたが通常使うものにできます。

新しいクエリーパラメーターとブラウザーの属性は次のように対応しています。それぞれの属性ごとの定義は W3C Navigation Timing 仕様 をご覧ください。

ビーコンパラメーター Navigation Timing 属性
nt_red_cntwindow.performance.navigation.redirectCount
nt_nav_typewindow.performance.navigation.type
nt_nav_stwindow.performance.timing.navigationStart
nt_red_stwindow.performance.timing.redirectStart
nt_red_endwindow.performance.timing.redirectEnd
nt_fet_stwindow.performance.timing.fetchStart
nt_dns_stwindow.performance.timing.domainLookupStart
nt_dns_endwindow.performance.timing.domainLookupEnd
nt_con_stwindow.performance.timing.connectStart
nt_con_endwindow.performance.timing.connectEnd
nt_req_stwindow.performance.timing.requestStart
nt_res_stwindow.performance.timing.responseStart
nt_res_endwindow.performance.timing.responseEnd
nt_domloadingwindow.performance.timing.domLoading
nt_domintwindow.performance.timing.domInteractive
nt_domcontloadedwindow.performance.timing.domContentLoaded
nt_domcompwindow.performance.timing.domComplete
nt_load_stwindow.performance.timing.loadEventStart
nt_load_endwindow.performance.timing.loadEventEnd
nt_unload_stwindow.performance.timing.unloadEventStart
nt_unload_endwindow.performance.timing.unloadEventEnd